アソートHICOレクション
HOME >  姫子の家  > hico’s♡ party

あなたの可愛いご家族♪無料掲載しませんか?  みんなで作る♡楽しいパーティーアルバム!

  • 室内飼いをお約束できる方に限らせていただきます。
  • 室内飼いをお約束できる方に限らせていただきます。
いろんな形で出会い、家族の一員に。。
   ♪携帯・スマホで投稿メールhiconouchi20060909@softbank.ne.jpへ
写真・コメント・おすすめアイテムなどを添えてお送りください!♡
このシルエットは誰と誰?当てた方はオリジナルステッカープレゼント! ゼロお兄さんは大きいが繊細で優しい。ももくんはお父さんだと思っているのだ! リアン兄さんは優しい。猫に大人気なのだ! またあたしなの?かんべんしてよぉー 最新のファッションだか知らないけど、あたしをモデルにしないでよ! お坊さんお坊さん悟りは開けたの? 猫草だ!大集合!(これでも一部です笑) 我が子どもたち。いい子です♪ ダイエット中のキロロ。キッチンに忍び寄る影の正体! 3つの顔が!見てるぅ~! くっつき過ぎです!コロコロしなきゃ! ♪ミレコォ~オ、ミレコ。こんな時もあったのに。。。今では半野生化。難しい子なのよ♪ ニャンコに大人気のイタリアングレーハウンドの「リアン」。なつこが寄り添う! 天ぷら屋さん出身「マキ」左と、コンビニ出身「ファミ」夢のコラボ♪ 我が家のキング、トイプーのモコに追いつめられるフミコの巻! また集まってる!コロコロしなきゃ! 今話題の美人姉妹がそろった! 一家揃って記念写真♪おかんが見守る♡

ご家庭訪問!

  • ミケ猫の ミレちゃん

    詳しくはこちら

  • 詳しくはこちら

  • ルビー猫の キロロちゃん

    明姫幹線の陸橋付近を通過中、「猫や!」と妻が大きな声で袖をつかむので「どこ?」と。
    ちょうど後続車もなかったので後退してみると欄干に白っぽい子猫が私たちを見て警戒していました。
    「このままでは轢かれてしまう」そう思った私は保護を試みました。しかしやはり怖いらしく、
    近付けば50メートルはあろうかという橋上から飛び降りようとしていました。
    「これは八方塞がりやな」そう思った私は最後の手段に出ました。妻があえて前を知らない顔で歩き
    気を反らせている隙に後ろから私が素手でつかむ。といった強引な作戦。
    「あ痛!痛!」保護は出来たものの、強力な爪と牙で私の手や腕は真っ赤に。それでも私は放さなかった。
    妻が慌てて着ていたジャンバーで包み込むと強く抱き、車に乗り込みました。
    しばらくは興奮していて「触れるかな」と心配していましたが、今では誰からも愛されるウサギのように丸々してる「キャビット」です。
    普段の呼び名「キロ」「キロちゃん」「キロリン」「キャビット」避妊済

    詳しくはこちら

  • サビ猫のファミちゃん

    姫路城から北へ30分のファミリーマートで仕事後、帰宅しようと車に向かったその時、
    黒い影が裏に消えました。猫か?と思い後を追いました。
    猫を見ると「ニャー」と言ってしまう変な癖がある私は、その日も無意識に「ニャー」と言っていました。
    すると「ミャー」と返事が返ってくるではありませんか。「これは人馴れしてるな」と思い、しゃがみこみ
    「おいでニャー」と話しかけるとなんと走ってきて、私の足元を行ったり来たりスリスリ。
    見上げながらニャーニャー言う姿に「これは保護せなあかんな。馴れすぎても逆に危ない。」と判断。しかし
    餌もクレートも何も準備していない現状での保護は困難だったので翌日、準備万端再び車で1時間。
    姿は見えませんでしたが例のごとく「ニャー」と声をかけると「ミャー」と返事が返ってきた。
    「あ!いる!」奥へ進むと、寒空の中、室外機の下で香箱座りをしていました。
    目を合わせると強い声で「ミャー」とまるで「会いたかった」と言わんばかりの声でスリスリ。
    この一度のチャンスを逃したら後はない。そう思った私はクレートの中へ誘うようにフードを並べました。
    しかし餌に反応しないどころかとにかく「人に会えてうれしい」といった感じだった。
    頭から入れようとすると嫌がったので後ろから半ば強引に押し入れました。
    特に暴れることもなくただ低い声で鳴いていました。
    健康体で親孝行娘。今では先住猫に「シャー」と言われても何食わぬ顔。マイペースで温和な小さな女の子です。
    普段の呼び名:ファーちゃん、ファファッファファー。
    避妊済

    詳しくはこちら

  • 誰でも受け入れる優しいマイペース♪でも頑固!

    キジトラ猫の タルル

    明姫幹線「円長寺」交差点から旧浜国道へ向かう途中の陸橋に差し掛かった時
    何かが欄干にうずくまっているように見えました。「猫じゃない?」気になった私は友人と引き返しました。
    そこにはやはり生後間もない子猫がじっとしていました。「保護しよう。」これがタルルとの出会いでした。
    二人で捕まえようと試みましたが、何せ県道ゆえ後続車も多数。一度は諦めようとしましたが再度挑戦。
    迷惑をかけながらタオルで包んでなんとか保護成功。以外にも暴れることもなく
    ただじっと私の顔を見上げていました。子猫時、だるまのようだったので「たるま→タルル」となりました。

    普段の呼び名「タルくん」「タルくんぽーや」「タル」「タルポー」「タルくんポポポポぽーや」去勢済

    詳しくはこちら

  • 一番大きくても優しくて怖がりで甘えん坊♪

    茶白猫のドリル

    私が取引する問屋に住み着いていた子猫3匹を保護しようと試み、
    暴れることもなく友人と2匹を保護。しかしあと1匹は警戒心が強く、逃げられてしまいました。
    茶トラの1匹を友人が「マンゴー」と名付け里親に。もう一匹の茶白を私が飼うことにしました。
    尻尾の部分の色が茶と白でドリルのように巻いていたので「ドリル」と名付けました。

    普段の呼び名「ドリ」「ドリちゃん」「赤猫」去勢済

    詳しくはこちら

  • 天真爛漫♪小さなお顔がキュートな4児の不思議母

    三毛猫のような日本猫  ナツコ

    近所の女の子が窓越しに「この猫どうしたらいい?」と三毛猫らしき
    小さな猫を抱いていました。子どもでも触れるほど、人馴れしているので飼い猫かと思いました。
    でも首輪らしきものもなく、少し汚れていたので、野良だとわかりました。
    小さな体に小さな顔そしてピエロのような黒い鼻。一目惚れしてしまいすぐに里親に。
    保護当時に授かった4匹の子猫の里親も決まり、順風満帆に思えましたが、つい先日
             「急性腎不全」を発症し、生死を彷徨いました。
    危ないところをモデナ動物病院院長に命を救って頂き、今では何事もなく元気に食欲も旺盛です。
    小さな子宮での妊娠が体に無理をさせたようです。人懐っこいから「ナツコ」と名付けました。

    普段の呼び名「ナツコ」「ツコナ」「ツコツコナッツコツコツコ」「ナチュコ」避妊済

    詳しくはこちら

  • 野太い鳴き声がキュートな女の子♪

    茶トラ猫の キトラちゃん

    九州で交通事故に遭い、のたうち回っているところを転居されたお客様が
    保護し、病院へ。下半身複雑骨折により入院。その後なんとか一命は取り留めました。
    事情により引き取れないお客様に代わり私が里親に。お客様も愛猫家で、九州から夜通し高速を走らせ、
    加古川までキトラを連れてきてくれました。念のための検診で、
    排泄がうまく出来ないかもしれないと診断されました。
    つまり、これから成長する歪んだ骨が、膀胱を圧迫する可能性があるということです。
    「今の段階で圧迫を防ぐ手術をするという手もありますが…」と先生は表情を曇らせ、
    「手術で排泄は間違いなくできますが、将来歩けなくなる可能性が高いのです。
    まだ「絶対手術が」という段階ではありませんし、
    うまくいけば圧迫せずに成長するかもしれませんので、もう少し様子を看ましょう。」
    その言葉通り、排泄が困難になるような膀胱圧迫をすることもなく、
    元気に走り回っている今日のキトラです。黄色とトラ柄を合わせて「キトラ」と名付けました。

    普段の呼び名「キットン」「キトン」「とん」「トンちゃん」「トントンきっとんとことんキットン」避妊済

    詳しくはこちら

  • 野生テイストを色濃く残すが、人間大好き♡の美女

    キジトラ猫の つぶら

    1年間家の敷地内で餌を食べ、みるみる美しい毛艶に。
    時にはわざと見えやすいところを歩き、餌をねだることもありました。
    ある日、片目に炎症があるため保護。成猫の保護は初めてで、不安はありましたが
    動物病院でもおとなしく、我が家でも荒さは全くありません。
    年齢が不詳で、おばあちゃんかも♡瞳がつぶらだったので「つぶら」と名付けました。

    普段の呼び名「つぶちゃん」「ぶつぶつつぶちゃん」「つぶら」避妊済

    詳しくはこちら

  • 自己中で食いしん坊♪喧嘩っぱやくてみんな大迷惑♡

    ロシアンブルーのような猫 フミコちゃん

    近所のパン屋さんで買い物後、出口付近で灰色の猫を確認。
    成猫らしかったので「逃げるだろう」と思いつつ近づくとなんと全く逃げない。
    飼い猫?そう思った私は首輪を探しましたが無く、野良だとわかりました。
    どうやらここでパンをもらっているうちに、人馴れしたようです。
    「この子パンばかり食べてたら病気になる。」そう言いながら妻は、続けて私にこう言い放ちました
    「クレート(小型のケージ)持ってきて」「ええ?また飼うの?成猫やで?」と言うと、
    「一旦保護しよう」私の予感は的中→里親にスライド。心配していた馴れ具合も問題なく
    今ではふみふみの「フミコ」と名付け、自己中な性格で、先住猫に迷惑をかけています♡
    保護した時がシーズン中だったらしく、子宮が腫れ上がっていました。間に合ってよかった。

    普段の呼び名「フミ」「ブミ」「黒いの」「ぶみこさん」避妊済

    詳しくはこちら

アクセスの詳細はこちら